たまブロ。

大学生が日常で気になったことや学んだことを書いていきます。

通勤・通学時間を有効活用したい人へ”iPhoneの読み上げ機能”がおすすめ!

 f:id:tamakeriblog:20190423193216j:plain

 

みなさんは、通勤時間や通学時間を有効活用していますか?

 

歩いている時間、車に乗っている時間、満員電車で身動きがとれない時間などはつい無駄に過ごしてしまいますよね。

 

その時間を使って自分を成長させたいと考える方も多いのではないでしょうか。

 

実は、そのようなつい無駄に過ごしてしまいがちな時間を有効活用できる方法があるのです。

 

その方法がiPhoneの読み上げ機能です。

 

この記事では、耳を使った勉強を可能にするiPhoneの読み上げ機能の使い方、メリット、設定方法について解説しています

 

この記事を読んで、無駄に過ごしてしまいがちな通勤・通学時間を有効活用し、隙間時間で人間的に成長しましょう

 

 

読み上げ機能の活用方法

f:id:tamakeriblog:20190612170304j:plain

 

読み上げ機能ってなに?

 

iPhoneには”スピーチ機能”という画面に表示されている文字を朗読してくれる機能があります

 

設定した後に画面上端を二本指で下に向けてスライドすることで画面の文字を音声で読み上げてくれるのです。

 

手が使えない時や目が疲れてしまった時にかなり便利な機能です。

 

どのタイミングで活用してるの?

 

活用のタイミングは先ほどのように身動きが取れない状況や画面を見ていると危険な状況です

 

そのようなシーンでも耳は自由なことが多いので読み上げ機能を使うことで耳を使って勉強できます

 

なにをよめばいいの?

 

読み上げるものは電子書籍やブログがよいでしょうね。

 

自分を成長させるには読書をすることが一番だと多くの方々が言っています。

 

私は主にKindleでダウンロードした書籍を学校に向かう徒歩の時間に読み上げ機能を使って聞いています。

 

それによって普通何もすることのできない時間が有意義なものになっています。

 

読み上げ機能のメリット

f:id:tamakeriblog:20190530061232j:plain

 

画面を見ることができない状態でも読書が可能

 

耳さえ自由な状況であればいつでもどこでも読書が可能であるということが最大のメリットです。

紙媒体の読書では読めるタイミングが限られてきますからね。

 

歩いているとき、運転中など目や手が塞がっているときは読書はできませんよね。

 

しかし、読み上げ機能を使えばそのような場面でも読書が可能です。

 

そのような時間を使うと毎日の読書量がかなり変わってくるのではないでしょうか。

 

短時間で本を読める

 

読み上げ機能を用いれば、普段より短期間で本を読むことが可能となります

なぜなら読み上げ機能では、読み上げの速度を早くすることが可能だからです。

 

普段の読書では読んでいる途中に気が散って読む速度が落ちることもありますが、読み上げ機能を使えばそんなこともありません。

 

さらに、音声が早く流れることで集中力もアップしますから一石二鳥ですね。

 

読み上げ機能の設定方法

f:id:tamakeriblog:20190612170538j:plain

 

読み上げ機能を使いたいという人のためにスピーチ機能の設定方法を記します。

①ホームから設定を開く。

②設定画面から一般を開く。

③一般からアクセシビリティを開く。

④アクセシビリティからスピーチを開く。

⑤画面の読み上げを有効にする。

 

以上の簡単5ステップで設定が可能です。

是非みなさん試してみてください。

 

まとめ

f:id:tamakeriblog:20190612170614j:plain

 

いかがでしたでしょうか。

 

この記事ではiPhoneの読み上げ機能の活用方法、メリット、設定方法について解説してきました。

 

私は通学の学校と駅を往復する時間をどうにかして有意義なものにできないかと思い読み上げ機能を使い始めました。

 

紙の読書に比べて劣る部分も多少ありますが今まで0だった時間を1にできたことはかなり大きかったです。

 

これを読書と言って良いのかわかりませんが、読み上げ機能を使い始めて1週間の読書量が飛躍的に上がりました。

 

iPhoneの読み上げ機能を使えば普段の生活の中でつい無駄に過ごしてしまいがちな時間を有効活用することが可能です。

 

是非この機能を使って通勤・通学時間を有効活用し、隙間時間で人間的に成長していきましょう