たまブロ。

大学生が日常で気になったことや学んだことを書いていきます。

剣道の魅力とは?剣道歴15年の私が考える5つの魅力。

f:id:tamakeriblog:20190514125022j:plain

 

みなさんは、剣道を知っていますか?まあ知らない人はいないですよね。

 

この記事を見に来てくださった皆さんは以下のような方々ですかね。

  • 剣道をしてみたいけど具体的な魅力がわからない
  • 剣道をPRする機会があるけど剣道の魅力って考えたことない

 

魅力というのはしてみないとわからないし、していてもそんな簡単に気づくことはできませんよね。

 

実は、剣道にはさまざまな魅力があります。

 

この記事では、剣道歴15年の私が現時点で感じている剣道の魅力を解説しています。

 

これが全部という訳ではありませんしこれから気づく魅力もたくさんあると思いますが、参考程度に見てください。

 

 

剣道歴15年の私が考える5つの魅力

f:id:tamakeriblog:20190614173816j:plain

 

魅力①礼儀を重んじる

 

①-1.礼に始まり礼に終わる

 

剣道には「礼に始まり礼に終わる」という言葉があります。

 

道場に出入りするとき、先生に会ったとき、試合の時にはもちろん、練習の時にも立ち合う相手が変わるたびに礼をします。

 

これは、練習させてもらう道場、相手に感謝の気持ちを込めて言うものです。

 

ちなみにこれらができていないと先生からめちゃくちゃ怒られます。当たり前ですけどね。

 

また、私の通っていた道場では通い始めた頃は竹刀すら持たせてもらえず、「お願いします!」「ありがとうございまいした!」とひたすら発声していました。

 

それだけ剣道をする中で挨拶などの礼儀は基本であり重要視されているということです。

 

①-2.ガッツポーズが禁止されている

 

剣道の試合ではガッツポーズが禁止されています。

もし一本を決めた後にガッツポーズをしてしまうとその一本が取り消されてしまうのです。

 

これは、たとえ自分が一本を取ったとしても相手を敬う気持ちを忘れてはいけないという剣道の精神が理由となっています。

 

どんな状況でも感謝の心、相手を敬う心を忘れないという精神がかっこいいです。

 

 

ほかの競技に比べ、礼儀を重んじる点や感情を表に出さないクールさが剣道の魅力のひとつですね。

 

 

魅力②生涯現役でいられる

 

剣道には、『生涯剣道という言葉があります。

簡単に言えば、おじいちゃんになっても続けられるよ~ってことです。

 

剣道の稽古会に行くと、80そこらのおじいちゃんがバリバリ稽古しています。

しかも、面白いことにそんなおじいちゃんに現役高校生がかなわないなんてことがよくあります。

 

僕も高校生の時には、数々のおじいちゃんと稽古しましたがなぜか技が当たらないんですよね。不思議でした。

 

これは、ほかの競技ではみることのできない光景ですよね。

 

死ぬまで現役でいられるし年をとっても若者に引けをとらないことが剣道の魅力かなと思います。

 

 

魅力③学ぶことが多い

 

剣道から学ぶことができることは数知れません。

剣道はかなり歴史の長い競技なので様々な名言・格言が残っています。

 

③-1.打って反省、打たれて感謝

 

私の好きな言葉に『打って反省、打たれて感謝』という言葉があります。

 

自分が勝った試合でももっとうまくできたのではないかと反省し、負けた試合では自分の至らないところを教えてくれた相手に感謝する、という意味だと解釈しています。

 

ここにも剣道の謙虚な心、貪欲に学ぶ精神が垣間みられますね。

 

剣道の格言にはかなり昔のものもありますが、洗練されていて普段の生活の中にも活用できるようなものが多いので面白いです。

 

③-2.忍耐力が身につく

 

剣道をしていると忍耐力がつきます。

 

夏は猛暑のなかあの重装備で稽古しますし、冬は寒さの中かじかんだ手足で稽古します。

剣道に適した気候の日なんて一年のうちにほとんどありません。

 

そんな中、鬼のような先生と鬼のような稽古をずっとしています。

 

そんな稽古を続けているとかなり忍耐力がつくんですよね。

 

実際、現役でバリバリやっていた頃はそこら辺のひとに忍耐力で負ける気がしませんでした。世の中のすべてが稽古に比べれば楽に思えましたからね。

 

実際やっているときはたまったもんじゃないですけど後から考えてみると無駄じゃなかったんだなと思えます。

 

 

こんな感じで、得るものがたくさんあるというのも剣道の魅力だと思います。

 

 

魅力④奥が深い

 

剣道は、かなり奥が深い競技だと思います。

 

④-1.洗練された日本剣道形

 

剣道には、日本剣道形というものがあります。

 

日本剣道形はその名の通り、剣道における形の稽古で、昇段審査や大会の演舞などで披露されたりしています。

 

基本的には、昇段審査の前にしか練習はしないのですが、実はこれ内容が細かく定められていて覚えるのが大変です。

 

昇段審査では動きさえ覚えておけば合格が可能かもしれませんが、それではもったいないのです。

なぜなら、日本剣道形の動きにはすべて意味があるから。

 

そうなんです、すべての動きが計算され尽くしていて無駄がないのです。

 

それを考えながら、日本剣道形をみているとつくづく美しいなと思います。

 

この競技の歴史が長い故の奥深さが剣道の魅力ですね。

 

 

魅力⑤かっこいい

 

これは、完全に観戦者視点なのですが剣道ってかっこいいです。

 

試合を観戦していて、ものすごい技を見たりすると興奮しますし、かっこいいなって思います。

 

またどんなテンションの上がるシーンでも感情を表に出さない選手を見ているとこれまたかっこいいです。

 


少しだけ剣道に惚れるかもしれない・・・ 剣道PR動画

 

この動画がすごくかっこよかったので是非観てみてください。

 

結局かっこいいというのが剣道の魅力ですね。

 

 

まとめ

f:id:tamakeriblog:20190614173626j:plain

 

いかがでしたでしょうか。

 

今回は剣道の魅力について書いてきましたが、まとめてみると以下の通りです。

  1. 礼儀を重んじる

  2. 生涯現役でいられる

  3. 学ぶことが多い

  4. 奥が深い

  5. かっこいい

 

個人的には、相手を重んじる心構えと礼儀や形など基本を重要視するところが剣道の最高の魅力なのではないかと思います。

 

『剣道は、人間形成の道といわれますが、本当にその通りで人間性を高めることができる素晴らしい武道です。

 

剣道をしていて本当によかったと思います。

 

さて、この記事は剣道の魅力を知る参考になりましたでしょうか。

 

剣道は突き詰めるとかなり奥が深くて魅力的な競技です。

 

この記事を見て気になった方は是非剣道を始めてみてはいかがですか。