たまブロ。

大学生が日常で気になったことや学んだことを書いていきます。

大学の勉強サボってたら希望の研究室に行けなかった話

f:id:tamakeriblog:20190516174039j:plain

 

みなさんこんにちは、”たまけり”です。

 

今日は、私が希望の研究室に行けなかった話をしたいと思います。

ただの書き殴りですけど物好きな方はどうぞ。

それなりに有益そうなところだけ色変えときます。

 

現在私は大学四年生。今年の春に研究室に配属され、現在一ヶ月ほどたったところです。

まあ、先ほど言いましたし今日の題名からわかるように私が今配属されている研究室は私の希望した研究室ではありません。

去年の冬に行われた選考でふるい落とされました。

何でふるい落とされてしまったのか説明します。

 

 

私が希望の研究室にいけなかった原因

 

シンプルに勉強してなかった

 

GPAって知らない方もいるかもしれませんが、簡単に言うと成績の指標で数値が高い方がよい成績です。

研究室の選考ってこれが結構大事になってくるのですが、私これがびっくりするくらい低かったのです。

理由は簡単で、大学での勉強をサボってたから。かといって学校に行っていなかったとかではなく授業には一応参加していました。

当時の私はかなりの遅刻魔で、1限から始まる授業は度々遅刻していましたし、面倒くさくて行かない日もありました。

大学行ってる人ならわかると思いますが、そんな人結構います。

授業中は授業中でほとんど先生の話を聞かずにスマホをいじるか、寝るか、ぼーっとするかみたいな。

いやだって、授業が面白くなかったんですもん。もちろんちょくちょくは聞いてましたよ。

こんなことばっかり行ってると皆さん私がどうしようもないくず人間だと思うかと思いますがそうでもないです、たぶん。

私、人に迷惑がかからないことに関してはかなり面倒くさがりでだめ人間なのですが、人に迷惑がかかるとなると真面目に取り組みます。

それと、私遠い未来のためにコツコツ努力するのがめちゃくちゃ苦手で、直前になって挽回するタイプです。

大学受験とかでも夏まではほぼ知識0の状態だったのですが、一応そこそこの学に進学できています。

まあでも、研究室って一年から三年前期までの成績で決まるんですよね。そんなんコツコツ勉強できる人じゃないと無理じゃないですか。

そんなことで、私は圧倒的に成績が悪かったので研究室に落ちました。

ちなみに、その後やっと気合いが入りましてそこそこの成績を取りました。研究室配属に何ら関係ないんですけどね。

直前にならないと気合い入らないんですよね。

 

私からできるアドバイス

 

必要最低限の勉強はしとけ

 

これは大学一年の頃の自分に向かって言いますが、必要最低限の勉強はしといたほうがいいよ。

最低限の勉強ってなにかといいますと、まあ平均くらいの成績とっとけってことです。

研究室なんてのは人気のところじゃなければ平均の成績で十分入ることができます。

僕の希望したところは二倍以上でしたが、普通はせいぜい一倍ちょっとくらいだと思います。

そりゃ平均でもいけない研究室もありますが、成績が悪かったら論外、人権ないです。

でも大学って、普通に勉強していたらそこそこの成績がとれます

普通に授業聞いてテスト前に何回か復習するだけでそれなりの成績がとれるんですよ。

でもそれすらしない連中がいるんですよ。私なんですけど。

その連中のおかげで軽く勉強すれば平均の成績なんてすぐとれます。

三年生の後期に試しに勉強してみたら下位30%から上位30%にあがったので間違いないです。

ちょっと勉強するだけで成果がでるので今考えたらやらない手はないんですけど。

必要最低限の勉強はしておきましょうねえ。

 

親に学費払ってもらってるんだから勉強しろ

 

さっき私は人に迷惑をかけないことに関しては面倒くさがりって言いましたが、実は迷惑かけてたんですよね。

それは、親に対してです。あくまで僕の場合ですが、親に学費を払ってもらって奨学金を借りながら大学に通っています。

しかも私立の理系なのでかなり笑えない金額。

大学三年までの私は「自分が勉強しなくたって自分が困るだけだからいいじゃん」って思って勉強していなかったんですけれどそうじゃなかったんですね。

親が大学に払ってくれているお金って自分への投資じゃないですか。じゃあ、自分が何か能力を身につけないとお金の無駄ですよね。

そんなの当たり前と思う方もいると思いますが、それができていない大学生かなりいると思いますよ。

さらに言うと、自分が払ってもらってる授業料、返さないといけない奨学金の金額も知らないままで大学通ってる方いっぱいいると思います。

どう考えてもだめですよね、どう考えてもお金の無駄ですよね。

このことに早いうちに気づいていれば、もっと真面目に勉強していたかもって後悔しています。

今は、その金額についてもすべて把握していますし、そういうマインドが身についたのでそれなりに勉強しています。

 

その他私からできる情報提供

 

結局GPAがすべて

 

いや知りませんけどね。

私はかなり成績低かったので、志望書にその研究室に行きたいというあふれんばかりの思いを綴ったんですよ。

でも落ちました。それなりに考えて、それなりに思いのこもったいい文章が書けたと思ってたんですけどね。

締め切り直前に急いで書いた友達に負けましたよ。結局GPAがすべてなんだなって。今のやる気に満ちあふれた私を見てくれって思ったんですけどそんな甘くなかったですね。

まあ、自分が悪いんですけどね。勉強をしっかりしてなかったから。

 

その他

 

遠い未来のために努力できない人は要注意

 

序盤で勉強サボってる人って大体が終盤でも勉強サボる人なんじゃないですか。

私はそうじゃなくて、終盤になったらそれなりに勉強する系の男子なのですよ。

でもねこれ、一番大学に向いてない系の男子なんですよ。

終盤にさしかかった時にがんばりだしても遅い。累計の成績で判断されますからね。

最後までサボる人だったらどれほどよかったでしょう。そんな人は卒業できればいいのでどこの研究室でもいいですよね。

それが悪いとかじゃないです。そういう生き方もいいですね。私はいやですけど。

これまで、お金をドブに捨ててきた分これから取り返していきたいし。

ただ直前に頑張る系男子は要注意ですよ。コツコツ頑張らないと希望の研究室に行けませんからね。

私みたいにならないように、コツコツ頑張ってくださいね。

 

第四希望の研究室に配属されたけど意外とわるくないです

 

ここまで、見てるとかなりやんでるように見えるかもしれませんがそうでもないです。

第四希望の研究室ですが、その中でも自分の興味のある研究内容を選びました。

まったく興味がないというわけではないのでそれなりにやっていけそうです。

それと、研究室に配属された仲間がいい人たちばっかりなので割と楽しいかも。

ま、まだ本格的に始まってないのでどうなるかわかりませんけどね。

研究室って希望の研究室に行くかも大事だけど、雰囲気ってのも大事かもしれません。

 

おわり

 

はいここまで適当に書き殴ってきましたが、どうでしょう。

おそらくここまで読んでる猛者はいないと思いますし、こんな記事全体の評価を下げかねないですが実験として投稿してみます。

そのうち消す可能性大ですが。

今回言いたかったことってのは、大学生はだらけるのもいいけど必要最低限の勉強はちゃんとしろってことです。

希望の研究室に入りたいならそれなりの勉強をしてくださいね。

 

 

▼あわせて読みたい▼

www.tamakeriblog.work