たまブロ。

大学生が日常で気になったことや学んだことを書いていきます。

集中力がない人へ。集中力を高める方法3つを解説。

 f:id:tamakeriblog:20190607101654j:plain

 

みなさんは、勉強や仕事に集中できていますか?

 

作業に集中しようと思ってもそう簡単に集中できるものではありませんよね。

 

しかし、作業に集中して勉強や仕事で大きな成果を上げたいと思う方は多いと思います。

 

この記事では、作業に集中できないあなたに集中力を上げる三つの方法を解説します

 

この記事を読めば、集中力が上がること間違いなしです。

 

それではまいりましょう。

 

 

 

集中力を高める方法3つ

f:id:tamakeriblog:20190607101839j:plain

 

1. 締め切りをうまく活用する

 

集中力を高めるために、締め切りをうまく活用して作業をしましょう

締め切りを設けると、それまでに終わらせるという目標ができやる気が出るからです。

 

医学的にはノルアドレナリンという集中力を高める成分が分泌されるらしいですが、私は医学の専門家ではないので詳しく知りたい方は調べてみてください。

 

締め切りが集中力を上げるという経験はあなたもしているはずです。

 

たとえば、以下のようなことを経験したことはありませんか。

  • テストなどで残り5分間猛烈に集中できた
  • 夏休みの最後の数日ですべての宿題を終わらせた
  • テスト前日に一夜漬けで知識を詰め込んだ

 

このような状況の時はものすごい集中力で作業をこなしていますよね。

 

人は追い込まれたときに高いパフォーマンスを発揮できるように設計されているのです。

 

締め切りをうまく活用して、集中力を高めましょう。

 

▼締め切りをうまく使って集中力を高める具体的な方法はこちら▼

www.tamakeriblog.work

 

 

2. ”25分作業⇒5分休憩”のサイクルで作業をする

 

集中力を高めるには、”25分作業⇒5分休憩”のサイクルを基本にして作業をしましょう

長時間よりも短時間のほうが作業に集中しやすいからです。

 

ちなみに ”25分作業⇒5分休憩” のサイクルは、ポモドーロテクニックと呼ばれています。 

 

何十年も前にイタリア人の大学生が考えついたテクニックで、時間管理や集中力に興味のある人の中ではかなり有名です。

 

ポモドーロテクニックは、単純なように見えてかなり効果があります。

 

25分という時間にこだわる必要はありません。

25分というのは考案者が導き出した一般的な人が最も集中できる時間だからです。

 

集中の持続時間には個人差がありますよね。

なので、まずは25分から始めてみて自分の能力に応じて作業時間の長さを変えていき自分に合った作業時間を探すと良いです。

 

ポモドーロテクニックを使って集中力を高めましょう。

 

3. 朝に作業をする

 

集中力を高めるために、朝に作業をしましょう

朝は、作業に集中するのに最も適した時間帯だからです。

 

 

皆さんも経験的に朝のほうが作業に集中できることはわかると思います。

日中に活動で疲れた夜に作業をするのと、心身の疲れがリセットされた朝に作業するのでは集中力が全然違いますよね。

 

ある本の著者は朝は夜の二倍集中できると書いていました。

一日は24時間しかありませんが、集中しやすい時間帯とそうでない時間帯があるということです。

 

どうせなら集中しやすい時間帯に作業をしたいですよね。

 

朝に勉強・作業をして集中力を高めましょう。

 

▼朝に作業をするメリットの詳しい解説はこちら▼

www.tamakeriblog.work

 

 

集中力を高める方法を知るよりも大切なこと2つ

f:id:tamakeriblog:20190607102044j:plain

 

1. 集中力が高いタイミングを知る

 

集中力を高めるノウハウを知るより、集中力が高いタイミングを知るほうが大切です。

なぜなら集中力の高いタイミングで作業をする方が手っ取り早く集中力を上げることができるからです。

 

集中力が高いタイミングの例をいくつか示します。

  • 朝起きたあと
  • 昼寝したあと
  • 運動したあと

 

例えば、どれだけ集中力を高める方法を使っても、疲れているときの集中力は朝の集中力にはかないません。

 

集中力を高める方法を知るより正しいタイミングを知る方がより簡単により大きな効果を得られるのです。

 

▼あわせて読みたい▼

www.tamakeriblog.work

 

2. 集中力を維持する方法を知る

 

集中力を高めるノウハウを知るより、集中力を維持するノウハウを知るほうが大切です。

いくら集中力を高めて作業しても、すぐに気が散るようでは意味がないからです。

 

例えば、高い集中力で作業をしていても5分ごとに集中が切れ作業を中断していたらどうでしょう。

いくら集中力が高くても望んでいる成果は得られませんよね。

 

集中力を高める方法だけでなく、維持する方法を知ることでやっと効率的に作業を進められるのです。

 

▼集中力を維持する具体的な方法の解説はこちら▼

www.tamakeriblog.work

 

 

まとめ

f:id:tamakeriblog:20190607102128j:plain

 

いかがでしたでしょうか。

 

今回の記事では、集中力を上げる方法を三つ解説しました。

 

まとめると以下の通りになります。

集中力を高める方法3つ

  1. 締め切りをうまく活用する
  2. 25分作業+5分休憩のサイクルで作業する
  3. 朝に作業をする

集中力を高める方法を知るよりも大切なこと2つ

  1. 集中力が高いタイミングを知る
  2. 集中力を維持する方法を知る

 

集中力を高めると作業効率が上がり、効率的に成果を出すことができるだけでなく人生の質も上がります。

 

この記事で書いたことを実践すれば集中力は上がります。

 

”実践すれば”です。

あなたはノウハウを知るだけで成長した気になっていませんか。

ノウハウを知っても実践しなければ意味がありません。

 

是非ノウハウを知るだけでなく実際に自分で行動を起こしてみてその効果を肌で感じてみてください。